リア姉 非リア弟

リア充を目指す姉と非リアに浸る弟による雑記ブログ

おすすめ絵本 おさがりが嬉しくなる絵本

突然ですが、おさがりってどんなイメージですか?

 

古い? 汚い? 自分に合わない?

親にとっては経済的にありがたいかもしれない・・・でも、子どもたちは本当はどう思っているんだろう?やっぱり嫌な子も多いのかもしれない。そりゃあ新しいほうがいいよね。お兄ちゃんやお姉ちゃんがピカピカのものをもらってたら、そりゃあうらやましくなるよね、それは仕方がない気がします。

 

私自身も、ずっと、おさがりって節約面ではいいイメージはあったけど、その貰えるもの自体の魅力としては、あんまり嬉しいイメージはなかったんです。

 

でも、この絵本は、そんなマイナスイメージの強いおさがりがちょっと嬉しく思えちゃう絵本なんです♪

f:id:riaanehiriaotouto:20190905232741j:plain

作:くすのきしげのり

絵:北村裕花


おさがりばかりの女の子、なっちゃん

おさがりを持ったことのない男の子、ともくん

 

なっちゃんは始めはおさがりは嫌だなぁって思っているんです。

でもね、この絵本に出てくる先生が本当に素敵な方で、

その先生の一言で、クラスのみんなは

『おさがりっていいなぁ!』という感じ方に変わってしまうんです。

そしておさがり自慢まで始まるw

 

先生の言葉で、みんなはおさがりという物に対する価値を考えるのではなく、おさがりを使っていた人へ、思いをはせる方向に考え方が変わります。

「おさがりをくれたお姉ちゃんとまるで一緒にいるみたいに感じる」

そんな風に。

 

そして、おさがりをあげる側となって考えるとき、渡す相手のことを考えて、子どもたちは物を大切にしようとし始めるんです。

 

おさがりをもらう側はおさがりが嬉しくなり

渡す側は物を大切にしようと考えるようになる

 

本当に素敵な絵本です。

 

 

我が家にも5歳のお兄ちゃんと1歳のちびちゃんがいますが、

もしもおさがりをもらったりあげたりするときに、こんな風に感じられるようになるといいなぁ。

 

『おさがり』はいらなくなったものではなく、大事にしていたものを譲ること

そんな風に伝えていけたらいいなぁと思います。

 

こちらから試し読みもできます^^

登録すると全ページ試し読みもできるみたいですよ

 

riaanehiriaotouto.hatenablog.com

 

 

riaanehiriaotouto.hatenablog.com