リア姉 非リア弟

リア充を目指す姉と非リアに浸る弟による雑記ブログ

自転車保険が義務化  子どもが起こした事故で9500万の賠償!?

 

f:id:riaanehiriaotouto:20190914114836j:plain

 

子どもの自転車保険の加入が全国各地で義務化していっているようですよ。

我が家も自転車を買うときに加入しました^^子どもの自転車保険は入っておくととっても安心ですよね。

 

免許更新時に教官からこんな話を聞いた子ことがあります

小学生が自転車で走っていて、坂道で高齢の女性と衝突してしまい、女性は意識不明。9500万の賠償となった。

この話、MSN産経ニュースでも取り上げられています。

 

母親驚愕 「息子の自転車事故の賠償金9500万円」の“明細”は… - cyclist

裁判で女性側は、自転車の少年は高速で坂を下るなど交通ルールに反した危険な運転行為で、母親は日常的に監督義務を負っていたと主張し、計約1億590万円の損害賠償を求めたとのこと。結果、神戸地裁9500万の損害賠償を命じたわけですが・・・。

 

事故を起こしてしまった子どもは一生女性を意識不明にしてしまったこと、そして家族を借金生活に追い込んでしまったことを悔いながら暮らしていくのでしょか・・・。

そして被害女性のことを考えても、本当に痛ましい事件です。

 

この事件で賠償の責任問題になっているのが、母親の監督責任、という点ですが・・・。小学校5年生になった時に、息子が自転車で出かける先にいつもついていけるか、と言ったら、私自身かなり難しいな、と感じます。もちろん、日ごろから、交通ルールやヘルメットの着用などについっても話してはいきますが、相手は子ども、坂道でついスピードを出してしまうことはあるでしょうし、曲がり角で左右の確認を忘れて曲がってしまうことは一度や2度ないとは言えない。信頼する我が子でさえも、絶対にこういった事件を起こさないか、と言われると絶対とは言い切れません。

 

子どもに被害者を作らせないこと、それはこの判例からもわかるように、

親が日ごろから交通ルールや自転車の使用についてきちんと教えていく監督責任を果たすことが重要です。

 

では、もしもの時の子どもの将来、家族の将来を守るには?

それはやっぱり、保険の加入です。

自転車保険もそうですが、子どもが他者や他人の所有物を損害してしまったときなどにも適用できる賠償責任保険に加入することをお勧めします。子どもはまだ視野が狭く、状況判断も十分ではありません。上の判例ほどではなくても、ボールで遊んでいて窓を割ってしまったり、自転車で転んで他人の車に傷をつけてしまうなど、予想されることをあげたらきりがありません。

 

家族の未来と子どもの未来を守る損害賠償責任保険。

 我が家も保険を見直してみます。

  

 

子どもと一緒に自転車の乗り方やルールを確認するのなら、こちらの絵本がおすすめ

 

あわせてこちらの記事もどうぞ^^

 

 

 

riaanehiriaotouto.hatenablog.com

 

 

riaanehiriaotouto.hatenablog.com